重点領域(がん・難病治療薬、ワクチン、医療機器、医療技術、健康科学、先制医療、再生医療)で優れた研究シーズを生み出す研究者の集積を進めるとともに、知のネットワークを拡充して、若手の有望研究シーズの発掘機能も高めつつ、産業への「つなぎ」を促進する。

このため、産業および医療の視点から様々な支援を行うと同時に、人材育成機能を強化し、高度研究設備や開放型設備・機器の活用を促進して、研究成果実用化の総合的能力を高める。

知のネットワーク

efforts3_OL_03 総合調整機関である公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団に、地域連携コーディネータを4名配置し、プロジェクトディレクターの指揮の下、担当分野ごとに広域的なコーディネート活動を展開しています。

担当分野 役  割
創薬支援 招へい研究者受け入れ研究室、知的クラスター創成事業での支援研究者、新たに発掘した有望若手研究者を対象に、知的財産権確立に向けた支援、研究成果の市場性調査、競争的資金の獲得支援、企業とのマッチング、企業間アライアンス等の支援を行うことにより、有望な創薬シーズの事業化・実用化を促進させます。
グローバル産学官連携 「プロテインモール・関西」、「ライフサイエンス企業ネットワーク」等における活動に加え、イノベーション推進協議会の下に各実施機関の取り組みと連携を強化し、産学官の多彩なアライアンスとマッチングを促進させます。
先制医療 都市コホート研究「神戸トライアル」において、産学官連携によるコホートの拡充など先制医療の基盤構築を推進するとともに、医療機器等事業化促進ネットワークを構築します。

人材育成

地域が必要とする『高度な「専門」知識を備え、研究成果をイノベーションへと「実践」する人材』を、大阪大学・神戸大学・大阪市立大学・先端医療振興財団の4機関がそれぞれの得意分野を分担して実施し、効果的な連携を図りながら、地域イノベーションを担える人材を総合的・体系的に育成することをめざしています。

人材育成プログラム
※順次開講の予定です。詳細は決定次第、別途ご案内します。

コース名 プログラム概要 目標とする人材 プログラム開発者
創薬初期プロセス実践1 HTSの準備からヒット決定まで(Idea to Hit)とリードに相応しい化合物の選抜法(Hit to Lead)の実習・実技 創薬研究手法を熟知する大学・企業研究者 金 允政
大阪大学産学連携本部
産学連携教授
創薬初期プロセス実践2 創薬のための先進スクリーニング技術
セミナー
創薬研究手法を熟知する大学・企業研究者 森 一郎
神戸大学連携創造本部
特命教授
先進科学技術活用力養成  シミュレーション科学、放射光科学等に関する講義とSPring-8・SACLA、京速コンピュータ等の実習・実技 最先端科学技術の専門知識と活用力を有するイノベーションリーダー 森 一郎
神戸大学連携創造本部
特命教授
医療技術
トレーニング
消化内視鏡治療・手術、ロボット手術の技術の実技トレーニング 医療機器開発を志す医師および企業技術者 東 健
神戸大学医学研究科
教授
指導的臨床家育成 医薬品・医療機器開発の構図や、企業の開発・事業化戦略を理解するためのカリキュラム 「死の谷」克服にチャレンジできる指導的臨床研究家 川上 浩司
京都大学医学研究科
教授
ライフサイエンス・グローバル技術経営開発 医薬品、医療機器、健康・統合医療、ベンチャー企業論等に焦点を絞った講義・ケーススタディー イノベーション創出を実践する真のグローバルリーダー 森 一郎
神戸大学連携創造本部
特命教授
イノベーション・
マネージャー育成
ライフサイエンス専門知識、リエゾン活動、知財管理、安全保障輸出管理等の講義・演習 健康科学分野における産学連携をプロデュースするイノベーション・マネージャー 西宇 美恵子
鎌田 雅史
大阪市立大学
産学連携コーディネーター

機器共用

創薬分野では、基礎研究で見いだされた革新的な創薬ターゲットを迅速に薬に結びつけるスクリーニング系構築からシード化合物発掘、動物での創薬コンセプト検証までの初期創薬プロセスの強化・スピードアップを実現するために、JST地域産学官共同研究拠点整備事業により大阪大学に整備した機器等について産学官での共用化を実施します。

具体的には、最先端研究基盤事業「化合物ライブラリーを活用した創薬等最先端研究・教育基盤の整備」や「創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業」等の文部科学省の関連する制度と連携し、学外の機関にも大阪大学が保有する化合物ライブラリーやハイスループットスクリーニングシステムを開放します。

医療機器分野では、神戸大学がポートアイランドの神戸医療機器開発センター(MEDDEC)に設置している消化器内視鏡システム・超音波内視鏡下穿刺吸引システムを地域の医療関連産業企業の技術者を対象に開放し、産学官での共用化を図ります。

JST地域産学官共同研究拠点
医学系研究科設置
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/ctrlab/jrb/
産学連携本部設置
http://www.uic.osaka-u.ac.jp/JST/
大学院医学研究科内科学講座消化器内科学
http://www.med.kobe-u.ac.jp/gi/aisatsu.html